伝統野菜栽培事業


門真市シルバー人材センターは、地域高年齢者就業機会創出・拡大事業として伝統野菜栽培促進活用事業を実施しています。

事業者の高齢化や人手不足で担い手は減少しているが、近年メディア等に多く取り上げられ需要は拡大する一方、

地域が誇る特産品の「れんこん」「くわい」栽培について、これまでも様々な地域の課題解決に取り組んできた当センターが各種地域団体・法人・大学等と連携し実施することで、地域社会の発展したネットワーク作り・地域経済の活性化を目指します。

農業経験の無い会員でも、元農業者の会員・地域の農業者の協力を得て、地域の『知』や『技術』の一時的な受け皿となり、また、地元商工団体との連携による貴重な地域資源の効果的な活用を模索する事で、地場産業及び地域社会の維持・発展に貢献するとともに、元気な高年齢者の雇用創出と生涯学習をも同時に実現することを目的としています。